2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

那須三山 (個人山行)

平成26年11月23日()24日()  

蝦名さん(CL)、新堀さん(SL)、郷間(山行文)

11/23()

大宮7:06-(新幹線やまびこ)-那須塩原-(東野交通バス)-山麓駅-(那須ロープウェイ)-山頂駅9:45 

山頂駅9:50~茶臼岳山頂10:30~峰の茶屋跡避難小屋11:30/12:00頃~三斗小屋温泉煙草屋旅館14:00

11/24()

煙草屋旅館7:15~隠居倉8:40/8:50~熊見曽根分岐9:20/9:30~北温泉分岐10:00~三本槍岳10:30/10:45~北温泉分岐11:20~熊見曽根分岐12:00/12:10~朝日岳12:20/12:30~峰の茶屋跡避難小屋13:15/13:30~牛ヶ首14:00~山頂駅14:30

山頂駅14:40-(那須ロープウェイ)-山麓駅-(東野交通バス)-那須塩原駅-(新幹線やまびこ)-大宮17:50


初冬の那須三山をぽくぽく、山のいで湯付きの山旅をしてきました。


1日目。

那須塩原駅からバスで山麓駅へ向かいながら、天気が良いから計画を変更して三山すべて今日登ってしまおうかと話していました。でもロープウェイで山頂駅へ上がると、一帯はすっかり白いガスで覆われていて、茶臼岳山頂へ向かって歩くにつれて風もさらに強くなっていきました。


 40
分ほど歩いた後、鳥居をくぐって山頂に着いたときには、強風の上、ガスが濃くて眺望もないので、お釜巡りはせずに避難小屋へ向かおうと下り始めたのですが、その後ちょっとしたハプニングもあった結果しっかりお釜巡りをしてもう一度鳥居をくぐり、山頂付近をすっかり満喫してから、今度こそ避難小屋へと急き気味に歩きました。寒く感じるのは強風のためだけではなく、気づけば雪も少し舞っていました。

峰の茶屋跡避難小屋に入ると、強風を逃れてきた人でいっぱいでした。小屋の二重扉が開くごとに外から風のうねりが恐ろしく響きわたりました。ちょうどお昼にさしかかっていた時間で、ほとんどの人が天候の回復を待ちながら昼食をとっていました。ジュージューと餃子を焼いているパーティーがいたので狂おしく鼻を刺激されながら、私たちも昼食をとりつつ、この後の行程をどうしようかと考えました。朝日岳や三本槍岳へ行きたい気持ちは強いものの、この避難小屋から朝日岳までのルートは冬期は危険だといわれており、なにしろガスで視界もないので踏み切るには怖い気持ちもありました。結局、午後からもっと荒れるから今日は朝日岳方面へ行くのをやめたほうがいいという、隣に居合わせた地元登山者の方の助言も受け入れ、当初の計画通りに三斗小屋温泉方面へ下りることとしました。


 しかし、下り始めたとたんに青空も見えるようになってきたので、やっぱり行けたかな、戻ろうか、どうしようかなどと迷いながら、すこし後ろ髪を引かれるようにして下っていきました。三斗小屋温泉へ向かう道は雪も多くあり、ここで今回初めてアイゼンを着用。ガシガシと雪を踏みしめ、久しぶりの雪山の感触を楽しみながら下りました。このあとは宿に行くだけで時間はたっぷり余裕があるからと、所々で休憩を交えながら、のんびりとした気分で温泉宿へと向かいました。


 14
時頃、煙草屋と大黒屋の2軒の古い宿が並ぶ三斗小屋温泉に着きました。予約していた煙草屋旅館に入り、女だけだからか小綺麗なピンクの布団のある部屋に通されました。荷物の整理をした後、さっそく楽しみにしていた女性専用時間1517時の露天風呂へ入りに行きました。お湯は2つの温度に仕切られていて、以前に夏に来たとき感じた温度は「ちょうどいい」のと「あつすぎる」お湯だったのですが、今回はそのお湯が、「ぬるすぎる」のと「ちょっとぬるい」お湯になっていました。選択肢なく「ちょっとぬるい」方のお湯に浸かりながら、山から絶えず吹き下ろしてくる冷たい風をビュービューと顔に受けながら、この風がどんどんお湯を冷ましてしまうのだなと思いました。お湯は浸かっているほどにさらにぬるく感じられてき、でもこのビュービュー風の吹く中でお湯から出る勇気もなく、首までしっかり浸かりながらおしゃべりしつづけました。目の前に広がるなだらかな大倉山~流石山の稜線はすばらしく、そしてこの稜線は7月下旬頃の1週間くらいの間、すばらしいお花畑になるのだという話を地元の方から以前聞いたことがあったので、いつか歩いてみたいなあと思いながら眺めました。そうして指がシワシワになるまで長いこと浸かり、その後お湯を出たとたんやっぱりクシャミをし、宿にある内湯に入りなおしたり、ルル三錠したりと、各々せっせと風邪予防したのでした。


 16
30分に早い夕食。ブルブル寒く震えながら、アツカン、アツカン、と女将にすがりよったところ「アツカンなし!この地酒は冷やがおいしいの」と一蹴され、なるほど納得のようなウームなようなもやもやした気持ちで乾杯。口に入れるや、あ本当だ、冷やが美味しい~♪と皆にっこりしました。鮎の甘露煮や豚のしょうが焼きなどの夕食を食べ終えると、まだ外は明るいというのに眠たくなってき、もう一度内湯に浸かって温まりなおしてから布団に入り、どこかの部屋のドンチャン宴会騒ぎをうつらうつら聞き、まもなく眠りにつきました。


2
日目。

630分、炊き立てのご飯の朝食を美味しくしっかり食べた後、宿の裏手の温泉神社をくぐって出発。早朝のガチガチに凍った道をゆるやかに登っていくと、まもなくして三斗小屋温泉の源泉がもうもうと湯煙を吐き出していました。目の前のその迫力のある、いかにも熱々の蒸気を感動しつつ眺めながら、昨日のぬる湯がチラと思い出され、ちょっぴりうらめしくも思いながら通過。そこからはまたガチガチに凍った急登の鎖場があり、足元に気をつけながら登りました。この急なところを新堀さんと私はアイゼンをつけて登ったのですが、蝦名さんはアイゼンなしで、これは越前屋さん方式よといいながらスイスイ登っていったのですごいなあと思いました。登りきって稜線へ出て、まもなくすると隠居倉へ到着し、ゆったりとした広さのある、この静かなピークで360度の見晴らしをぐるりと楽しみながら休憩しました。

Photo

そこから熊見曽根までは、好天にも恵まれ、眺望もすばらしい稜線歩きでした。やっぱり昨日無理をして朝日岳方面に向かわなくてよかったね今日でよかったねと、風もなく穏やかな天気と眺望を嬉しく思いながら歩きました。それでも、やはりここらへんは風の通り道であり、時間が経つにつれて風が、それにのって雲も流れてきました。


 熊見曽根分岐で北へ進路を変え、くっきり晴れたりガスに覆われたりしながら、清水平、北温泉分岐を経て三本槍岳へ向かいました。その山の名からくる先入観から、なんとはなしにギザギザに険しく尖った山を探しながら歩いていたのですが、一向にそういったものの気配はなく、やがて気づいたことには三本槍岳とは山の形状ではなく、周辺の三つの藩がそれぞれ槍を山頂に立てて領土を主張してきたことが山の名の由来だそう。実際のところ、なだらかな形状の山でした。山頂ではガスっていて残念ながら会津方面の山々は望めませんでしたが、三人の貸切り状態でした。この日は何度かアイゼンを付けたり外したりを繰り返して歩いているわりに順調なペースなので安心しました。


 それから、熊見曽根分岐まで戻ってくるとちょうどお昼時になっていたので、付近の岩陰で、稜線に吹きすさぶ強風を避けながら昼食をとりました。そのうち目の前の朝日岳の山頂にかかっていたガスが消えてくっきりと晴れてきたので、今だと喜んで向かい、朝日岳の肩のベンチにザックを置いて、山頂まで片道
5分ほどの登り道を行きました。


 遠目からはゴツゴツしているやっかいな登りに見えましたが意外にもすんなりと歩ける道でした。そこからは、朝日岳山頂から南に伸びるギザギザと荒々しい岩稜の眺めや、筋状に白い雪化粧を纏った茶臼岳のどっしりした眺めが楽しめました。山頂の小さいお地蔵さんを拝んでから、また朝日岳の肩へ戻りました。そこから避難小屋へ向かうルート、鎖場に剣が峰のトラバースを、今回一番の緊張をもって臨んだのですが、天候がおちついていることもあり、また雪もほとんど残っていなかったので、なかばあっけにとられるほど難なく通りすぎることができ、ホっとしたのでした。

Photo_2


Photo_3

 その後、峰の茶屋跡で休憩をいれてから茶臼岳の西側を歩きました。途中の無間地獄では、強い硫黄臭の中、あちこちの噴気孔から勢いよく噴煙が上がり、あたりを硫黄で真っ黄色に染めていました。手の届くところでもシューシューと小さく噴気があがっており、茶臼岳が活火山であることをあらためて思い知らされ、噴火レベル1、レベル1と言い聞かせ、今どうか噴火しませんようにと、気持ち足早になりながらその先の牛ヶ首まで向かい、そうして到着地点のロープウェイ山頂駅へ辿り着きました。ロープウェイに乗りながら車掌さんが、もうすっかり終わってしまったけれど那須の紅葉はこのロープウェイから眺める紅葉が一番なのですよ、赤や黄色だけでなく熊笹の緑も多く残るので、色彩豊かで素晴らしいのですよとお話されているのをうらやましく聞き、でも紅葉の最盛期には人・人でとてもこのロープウェイに乗る気にはならないだろうなとぼんやり思いながら、少し遠くに聳える朝日岳の猛々しい姿を眺めつつ山麓駅まで下り、とても充実した気持ちで帰路に着きました。

那須岳へは以前、夏に行ったことがありました。その時は、まさに体が吹き飛ばされそうに感じるほどの強風にあってしまい、茶臼岳山頂を目の前にして断念、ほうほうの体で下山し、ただ三斗小屋温泉に浸かって帰ってきただけというものでした。そのときに地元登山者の方からの話で、峰の茶屋跡付近では風速50mもの風で人が飛ばされていったことも1度2度ではないということを聞き、それまでは初心者でも簡単に登れる山と思っていた那須岳の、違う面を知ったのでした。


 それでも、その時に唯一楽しめた三斗小屋温泉、山のいで湯の思い出は良く、忘れがたく、今回お誘いをいただくととたんに、初冬にあの温泉に浸かったらさぞかしすばらしいだろうなあと想像を掻き立てられ、それに登頂のリベンジだってしたいと、すぐお誘いに飛びついたのでした。しかも計画書には茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の名があり、雪もあるこの時期に温泉一泊で三山すべて巡れるなんてなんとも贅沢な山行だなあと心底嬉しくなりました。でも、いやいやしかし那須岳は以前のように強風という恐ろしい仕打ちをしてくるかもしれないし、あれこれ期待することはやめておこう、温泉に入りに行くというのだけでも嬉しいのだからと、いろいろと逸る心を自制しながらも、かなりのワクワクした気持ちでもってこの山行を迎えたのでした。そうして、終わって気づいてみれば計画したルートを全て巡れることができて、期待以上に山を満喫できた、とても楽しい2日間でした。蝦名さん、新堀さんのお二人に感謝です。ありがとうございました。

巻機山(個人山行)

 

井上 秀子

20141010日(金)~12日(日)

参加者:桑原 池上 蝦名 大熊 井上(秀)

 

紅葉を求めて巻機山を計画、何度訪れても大好きな巻機山。5月は雪山、夏は沢登りやキスゲを求めて谷川岳まで縦走、秋は紅葉、今回は連休で混み合うので知り合いの民宿を早めに予約し、交通の便が悪ので熊さんに車をお願いして出発。

 

1010日(金)

武蔵小金井を2000時に出発して塩沢石打で仮眠

 

1011(土)

男性達が寝坊して清水部落の駐車場 (750m)615に着き急いで身支度をして出発。昨年は朝立ちで避難小屋まで行き一泊して頂上をピストンしてその日に帰った事がある。今回はピストンして下山後は民宿に泊まるのでゆっくり歩ける。

登山口の駐車場は夏の時より満車です。紅葉を求めての登山者で溢れてる。五合目までは紅葉の林の中をグングン登ります。昨年は足元にイワカガミの花の群落がず~とあったが今は枯葉の状態。

何度か休憩して展望の良い五合目に着いた。狭い場所で登る人と下る人で一杯になる所だ。休憩後六合目に向かうが途中で後ろを振り返るとカッコイイ山が・・・あれが大源太山と分かり今度登って見たいと皆の意見。何だかんだしているうちに展望台の六合目(1350m)に着いた。

対岸は紅葉真っ盛りの天狗岩と割引山が美しいので大休憩して1564mの8合目まで景色を堪能しながら歩く。遠くにギザギザした稜線の谷川岳や手前には蓬峠の小屋がはっきり見えた。又皆さんが行ってみたい苗場山が右奥に見えました。昨年の時は小雨が降り展望悪かったが今回は展望に恵まれました。

此処から又急な竹の根が張り出し歩きにくい。やっと右側にだだっぴろい頂上が見え始めた辺りから木道になり、1861mの前巻機山正面には割引山と眼下には夏に泊まった避難小屋が見える。天気と紅葉が良く頂上付近には大勢の人影。避難小屋でトイレ休憩をして山頂に向かう。池塘があり夏はミズバショウが咲いていましたが今日は池塘に山頂が映り美しい。

御機屋(オハタヤ)に着いたら正面には以前登った八海山、中の岳、越後駒ヶ岳が見えました。ここが山頂と間違えている人が多いですが、30分程進んだ所にケルンがあり1967mの巻機山まで行き景色を堪能しました。桑原さんは以前来た時は景色が何も見えなかったが今回は良かったと言っていました。私は以前5月に女性3人で巻機から蓬峠まで12日でテントで行動した事が懐かしく、あの稜線だと確認出来ました。

昼食後、今夜の宿を楽しみに一路登って来た道をゆっくり下山しました。駐車場近くで救急車とパトカーが来て怪我人の救出に向かう所でした。16時に車に戻り民宿小野塚に向かいました。以前お世話になった民宿で大おかみさんに再会出来嬉しかった。温泉ではないがゆっくり入浴でき食事には一升瓶(巻機山)まで付き驚きました。12食で6000円とはどんな料理かと思っていましたがボリュームがあり新鮮野菜も沢山で大満足。

 

清水部落駐車場発 650・・・5合目 8:00 ・・・前巻機山 1050 ・・・御機屋 1135・・・巻機山 1200 ・・・前巻機山 1300 ・・・6合目 1420 ・・・駐車場 1600・・・民宿おのずか着 1615

 

1012日(日)

今日も天気がいい。朝食後民宿の方に車で食べてとみかんを頂き、いつまでも見送り受けました。又季節を変えて訪れたいです。時間もあるので湯沢で入浴して次に登る大源太山の視察に行く事になり、グランドキャニオンのキャンプ場で散歩・・・中々ロケーションが良く湖面に大源太が映りいいなあ~と何度も撮影。1周してから車で登山口へ。歩くと1時間かな~林道歩きはしたくない。車窓からは紅葉の山並みでやっと終点ですが結構車が駐車していました。湯沢からタクシーか、キャンプ場からタクシーで来るしかない様です。

又湯沢に戻り駅前の蕎麦屋に立ち寄り買い物したりして高速で東京に帰りました。運転者の熊さんご苦労様でした。お世話になりました。今回は避難小屋に泊りかったと盛んに言っている人もいるが、夏と違い寒いのので諦めてもらいました。又電車が良かったとも言われましたが、交通機関が悪いので車にしてもらいました。

安達太良山(個人山行)

      井上 秀子

20141122(土)~23日(日)

参加者  桑原 池上 大熊 井上(秀)

 

震災後、私事ですが昨年姉妹で東北旅行に行き、少しでもお金を使おうと心掛けて今年はやっと実現出来ました。偶然熊さんが“毎たび”で安達太良のスノーシューがあり検討中との事で、前倒しで年内に計画する事に決めました。

 

1122日(土)

東京駅発6時48分発の新幹線で、郡山経由で二本松に向かう。連休なので混んでいると想定し指定席で乗車しましたが、すいていました。二本松から奥岳まで予約していたタクシーで、30分程で着きました。今日は風が強く、身支度をして登山届を提出し、一路くろがね小屋を目指す。

段々氷っている所が現れ注意しながら歩き、途中で林道か登山路の分岐があり、我々は登山路で進むが、急登の道で暑くなり脱いだり着たりと忙しい。道は雪が積もりキュキュと心地よい。景色も開けて左側には明日登る山頂が見えて来た。登山者も後ろから続々登って来る。日帰りの人は勢至平から山頂に行き奥岳に戻る様です。

214763056_org


途中で昼食を取り、登山路は山が迫り、2時間程でくろがね小屋に着きました。以前、夏に母を連れて泊まった以来の小屋泊りです。あっけなく着いてしまい、入浴したり、雑談してのんびりしました。夕方には泊リ客で一杯になり夕食は名物の手作りカレー、私は美味しいのでお替りしました。男性達はお酒で盛りあがっていました。夕食後に消灯まで2回も入浴して大満足。

 

東京発648→郡山着802/発839→二本松着901→奥岳着930/発940950m)・・勢至平・・・くろがね小屋着(1400m)1155

 

 

 

1123(日)

今日は昼頃に天気が下り坂とかで,朝食後早々に出発、風はなく穏やかな登山日和。アイゼンを使用しているので楽に歩ける。景色を堪能しながら峰ノ辻から1700mの山頂直下に着いた。荷物を置き空身で安達太良山頂をピストン。

214763606_org


 

この頃から雲行きが悪くなり雨がパラパラ・・・急いで下山。熊さんが小屋で登山者に聞いた情報では、昨日は強風でゴンドラが運休していたとか・・・今日はどうだかわからないが、仙女平分岐からシャクナゲと松の木の林を下ると段々登って来る登山者が増えて来た。「アイゼン無しでも大丈夫

でしょうか」と何人かに聞かれたり、スニーカーで登る親子がいて驚かされた。ゴンドラは119日で運休と聞いていたが、連休だから運転している様で一服してゴンドラに乗り五葉松から奥岳下山をパス、タクシーを呼び岳温泉の日帰り温泉に入りバスで二本松へ。

駅前の食堂で打ち上げをして郡山から新幹線に乗り東京に帰りました。夏と秋の紅葉時期に安達太良に登っていますが雪の時期は初めてで感激です。

 

くろがね小屋発740・・・(1418m)・・・峰ノ辻・・・安達太良山頂(1700m)着915・・・仙女平分岐着1000・・・(1413m)・・・ゴンドラ駅着1040→岳温泉発1250→二本松発1442→郡山着1507/発1530→大宮着1633→新宿

 

<費用> 

くろがね小屋       6,630円 

二本松から奥岳タクシー  5,250円÷41,312

ゴンドラ         950円  

奥岳から岳温泉タクシー  2,130円÷4532  

岳温泉から二本松バス   500

新幹線往復ジパング    10,950円 

  (1人 合計20,874円)

石鎚山ピストン(個人山行)

日時:2014/11/30 9:1014:00


メンバー:樋口(記)


コースタイム:

9:10 山頂成就駅 → 試の鎖 → 一の鎖 → 二の鎖 → 三の鎖 → 11:25 弥山 → 11:40 天狗岳→ 11:50 南尖峰 → 12:20 弥山 → 14:00 山頂成就駅


コメント:

50周年パーティ同日ですが、前日に友人結婚式が松山であった機会に石鎚山まで足を延ばしました。天気予報はイマイチでしたが、当日朝は晴れ、紅葉とスキーシーズンの谷間で思ったより静かな山歩きが楽しめました。往路は巻かずに4つの鎖場を通りましたが、かつてない長さ、鎖のゴツさに圧倒されました。

バスや飛行機の予定があわただしかったので、時間があるときにゆっくり縦走してみたいと思いました。

丹沢主脈・主稜縦走(個人山行)

日時:2014/11/22 7:2016:10


メンバー:樋口(記)


コースタイム:

7:20 焼山登山口バス停 → 10:05 姫次 → 11:25 蛭ヶ岳 → 14:00 檜洞丸 → 16:10 西丹沢自然教室


コメント:

蛭ヶ岳、檜洞丸の縦走はいずれやりたいと思っていたので、天気の良い日を見て決めました。予定通り天気もよく、蛭ヶ岳、檜洞丸山頂以外は割と静かな山歩きを堪能できました。

大分日も短くなっているということでやや急ぎ気味に進んだお陰で、日が暮れる前に無事下山でき、麓の紅葉まで満喫できたのは嬉しい誤算でした。

丹沢/大野山 (月曜クラブ)

日時:平成26128日(月)

メンバー:山崎 大野 竹下 内田 合田(記) 池上 桑原

コース:武蔵小金井6:31=八王子/町田=新松田8:20

新松田駅8:25=(バス)=大野山入口8:55

大野山入口8:55 ~ 大野山11:05/13:35~谷峨駅15:05


コメント:昨年
12月の日向山の芋煮会が忘れられず、今年は西丹沢の大野山で富士山を見ながらの芋煮会を行いました。大野さんの味付けの腕も上がり昨年以上の出来栄えでした。行きは南武線のトラブルに見舞われましたが、首尾よく経路変更で切り抜けました。帰りは中央線での人身事故、皆さん無事に帰ったのでしょうか?

甲斐高尾山 (個人山行)

日時:12月6日(土)

メンバー:合田 佐藤

コース:勝沼ぶどう郷駅9:13~(大日影トンネル遊歩道)~深沢口9:43~飯縄神社11:00~菱山深沢林道11:50~富士見台13:10~大滝不動下~838.2三角点確認14:15~勝沼ぶどう郷駅15:10

コメント:深沢分校尾根は、神社までは「参道」とありますが、細かいツヅラ折れの急登でした。神社から林道まではほとんど道がなく、木々につかまりながらの急登で、結構時間を取られました。日暮れの早い時期、予定を変更して富士見台から下山、帰りの林道歩きで、林道脇の838.2の三角点を確認しました。立派な道が尾根伝いに続いているようです。

本仁田山 妙指尾根~ゴンザス尾根(個人山行)

日時:平成261122日(土) 快晴

メンバー:合田(記) 上原

コースタイム:

奥多摩駅8:25-(バス 東日原行 臨時便)-寺地8:35

寺地8:35 ~ 平石山10:40 ~ 本仁田山11:20 ~ 日向14:05

コメント:行きも帰りも電車は満員。バスも次々に臨時便が発車していました。奥多摩に大勢の登山者が詰めかけ、駅前では「登山届」の提出を必死に呼びかけていました。しかし、妙指尾根、ゴンザス尾根とも人ひとり会いませんでした。妙指尾根はその半分は道跡がなく、植林帶を直登でした。ゴンザス尾根の下りは枯葉で覆われゲレンデを滑り降りるような急坂におっかなびっくりです。バリエーションらしい山行でした。

曲り沢(個人山行)

日時:平成26113日(月)


メンバー
:高柳(L)、楠田


コースタイム:

国分寺(車)6:20発─中央道 勝沼IN─日川林道─曲り沢入渓点830

曲沢入渓915 → 岩積滝手前11451215 → 曲沢下降 → 入渓点1350

曲沢 1450 勝沼IN 国分寺駅 1705

 

コメント:
11月の沢登りは水が冷たくどんな具合になるかと心配であったが、高柳さんから沢用ズボンを借用、こらが快適で、膝上まで水に入っても冷たさは感じなかった。

曲り沢は沢全体が綺麗、谷の底から太陽に照らされた紅葉はまるで庭園を見るようだ。滝は多くなかったが、520mのナメ滝、他にもナメ滝が多く楽しめた。(楠田)

北八ッ ニュウ(個人山行)

目的地:  北八ッ ニュウ

 山行日:  2014/10/25-26

メンバー: 森

 

行程:

25日 立川6:439:43小淵沢9:5711:01松原湖11:19=11:45
    
 稲子湯
   
稲子湯12:10―しらびそ小屋13:4014:50黒百合平


26
日 黒百合平7:10―中山7:457:50展望台8:009:00ニュウ
  
 9:1011:20稲子湯11:45=12:08松原湖駅入口
  
13:2014:23小淵沢14:3017:15高尾

費用: 東小金井-小海    往復4680(ジパング)

    松原湖駅入口-稲子湯 往復 1200

    黒百合平幕営料      1000

    稲子湯入浴料 600

コメント:ニュウへは白駒池からの人が大半

    後数年は晩秋の北八ッに通いたくなりました