2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 船山十字路 ~阿弥陀岳 ~ 赤岳 | トップページ | 2015年7月個人山行 北ア/前穂高岳北尾根 »

朝日連峰・以東岳(1771M)

山行日 2015/07/19~20
メンバー 森(記)                                                             行程  
7/19 泡滝ダム10:05~11:05冷水沢吊り橋11:20~13:10大鳥小屋
7/20 大鳥小屋4:30~6:39天狗小屋分岐~7:30以東岳頂上8:08~8:54天狗分岐~10:20大鳥小屋10:50~13:10泡滝ダム
感想
 山形自動車道を月山口で降り、大井沢を過ぎ根子川林道まで来たところ、通行止めの柵。臨時の小さな駐車スペースの横に、日暮沢登山口まで7KMの表示。世帯道具を背負っての往復4時間に気が乗らず、一般的な大鳥小屋コースに変更、泡滝ダムに方向転換。ダムサイトの駐車場は、地元や新潟ナンバーが10台程度。 冷水沢と七ッ滝沢の二本の吊橋を渡り大鳥小屋へ。
 大鳥池を前景にした以東岳を見ながら、担ぎ上げたビールで至福の時間となる。泊り客は10人程の団体と5人組が二組と夫婦ずれが一組、蚊に悩まされ起きた窓からは星が見えて安心。 4時起きの5時出発と思っていたが、3時過ぎには皆起き出し仕方なく食事を作り4時半に出発するも、一番遅い出発となる。
 直登コースが整備中との事でオツボコースを取る。回りの山にはガスが付いているが、以東岳は好く見えている。10分もすると虫が纏わりつき、防虫ネットを被る。しばらくすると雨が落ちてきて、念のために雨具を着ける。雨脚は強くなるばかりで、先に登った人達が引き返してくる。  標高1200mから傾斜が緩くなり、花が多くなるが、その分風が強く当たるようになり、ガスの中ルートを失わないよう慎重に歩く。この高さで沢山の花が見られる事に感嘆しながら、オツボ峰からの稜線に入ると、少し色あせているがヒメサユリが見られるようになる。
  以東岳の頂上には三角点が在るものの、山名表示が無い。直登コースを少し下った所にヒナザクラが群生しているが、この天気で開いていない、雪渓に出くわした所でガスの為、ルートが不明瞭な為、安全を期して登り返しオツボコースを降りる。大鳥小屋から雨の中、重荷を担ぎユラユラ歩く。ダムまで後30分位で雨が止む。
 今回は花の密度が一番濃いとゆう寒江山付近を歩けなかった。もう一度来いとゆう事か、以前竜門小屋で聞かされた紅葉の朝日の稜線を、自分の目で確かめよう。でも往復1000KMの運転は少しきついよなー。

« 船山十字路 ~阿弥陀岳 ~ 赤岳 | トップページ | 2015年7月個人山行 北ア/前穂高岳北尾根 »