2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 個人山行 越後 丹後山(1.808m)~中ノ岳(2.085m)周回 | トップページ | ホームページが移動しました。 »

越沢バットレス

2015712日(日)

2名=Y・T

青梅805/807=鳩ノ巣845~バットレスキャンプ場1020~第二スラブ登攀11001400~鳩ノ巣1510/1543=帰京

越沢への道が変わってしまっていてウロウロし、出来たばかりのピカピカの林道を行く。この日は梅雨明けでもないのに30度を越すとの予報で、日陰のない林道で汗だくになる。

岩場では2人、2人、6人の3パーティが先着して仕度をしていたが、うちカップル1組が足を引きずりながらすぐ下山。先行パーティがみな一般右ルートに集中し行列しているので、だれもいない2スラに取り付く。越沢デビューのTさんが1ピッチ目を軽やかにリード。このピッチは壁がけっこう立っていて、ここを2スラの核心という人も実はいるのだが。続く2ピッチ目からはリードを交代した。高度感を楽しみながらじっくり登る。

1本しか登っていないけど、この暑さはたまらない、喉が渇く、と撤収を決める。6人パーティは実はM山の会。よく見ると見知った顔もチラホラ。今夏、前穂4峰や剱八ツ峰に行くトレーニングだそうだ。帰り道、この夏われわれはどこにも挑戦する予定のないことに唖然とし、せっかくこうしてトレーニングしているのだから、とビールを飲みながら剱への山行計画を練った。

朝のうちに下山したカップルは、「第二スラブ取り付きで地蜂に襲われました」と山渓の越沢バットレスサイトに書き込んでいた。道理で皆さん右ルート、それも直登ルートに集まっていたはずだ。そんなこととはつゆ知らず、直後に同じ壁に取付いていたわれわれは、神のご加護の賜物か、ただ単に悪運が強かったのか、よくぞまあ無事にご帰還あそばしたことで。

« 個人山行 越後 丹後山(1.808m)~中ノ岳(2.085m)周回 | トップページ | ホームページが移動しました。 »