2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ホームページが移動しました。

平成27年8月1日より、
「北多摩山の会」のホームページが
移動しました。

 

新しいホームページに行くには、
下記をクリックしてください。

https://sites.google.com/site/kitatamayamanokai

第48回定期総会

3月31日に、「第48回定期総会」が行われ、2013年度の活動計画と役員体制が承認されました。

2013年度の「会山行」計画と、「講習会」計画を別途報告します。

連盟内交流ハイクの案内 

日時 平成25年224()

場所 百蔵山

集合 JR高尾駅 726発前部乗車 猿橋駅下車

歩行時間 5時間位

持ち物 ハイキング装備&アイゼン

雨天中止

詳細は次回例会にて(担当;関)

会員の皆様へお願い

 平成241219

機関誌部 合田

来年3月に発行予定の機関誌「ほくろう」は、第100号になります。機関誌にかける諸先輩の情熱と、それを支える会員全員の協力で「第100号」という「ほくろう」の山を築き上げることが出来たのではないかと思います。

 この「第100号」を記念して、会員みなさんの“想い”を寄せ合う企画を立てましたので、皆さんのご協力をお願い致します。

― 記 ―

*皆さんの山やそれに関する“想い出”を投稿してください。会員全員の参加をお願いします。

 「私の 想い出の ○ ○ ○ 」

 「私の 忘れられない ○ ○ ○」

 「私の 好きな ○ ○ ○」

 「私の △ △ △ の 〇 ○ ○」  など

ご自由に、題目をお選びください。

*字数の制限は設けませんので皆さんの“想い”を、おもいっきり伝えてください。写真やスケッチ等を添えて頂くと、なおいいと思います。

*原稿や写真・スケッチ等の提出方法は、どのような形でも結構です。

      

*締切は、来年1月末とさせてもらいます。

担当; 機関誌部 合田

以上

忘年会のお知らせ

平成24年12月5日

 次回19日の例会後、忘年会を行います。奮ってご参加ください。

― 記 ―

日 時:12月19日(水)

 19:00~19:30  例会

 19:30~22:00  忘年会

場 所:「ハンバーグレストラン 葦」 3階  (地図参照)

  電話:042-384-0038

会 費: 

男性 4,000円  女性 3,000円

出 欠:12月15日までに、幹事(合田)にご連絡ください。

Photo

第二回ツェルト講習会

皆様

 関さん指導による第二回ツェルト講習会が行なわれます。
 当日は10:00からテントの張り方やロープワーク、アイゼンの装着法などなど...
 11:00からツェルトの張り方の練習を行います。
 ツェルトやテントをお持ちでない方は会のものが使用できます。
 当日のメニューは関さんにおまかせですので他に希望がありましたら
 関さんに直接ご相談ください。
 参加希望の方は直接、関さんに電話等で連絡をお願いします。
 なお、昼食には田子さんがシャトルシェフなる保温調理器で
 おいしい豚汁を作ってくれます。
 
 ~~~~~~~~
 日時:12月1日(土) 10:00-
 場所:小金井公園 集合場所は後ほど連絡します。
 昼食持参
 雨天中止
 *今回ツェルトは張り方のみで、高尾での実地訓練は後日計画します。
                                     田子・蝦名

「読図」 机上講習の準備について

平成241121

合田

125日に「読図」の机上講習を行いますが、限られた時間での講習を少しでも有意義なものにしたいと思いますので、以下の事前準備をお願いします。

全員:

*「与瀬」の25000分の1の地形図を準備してください。

*「鷹取山」周辺のコピーを用意し、読図講習会の時にたどるルートを書き込んでおいてください。(関さんが配布した物です。)

*「シルバーコンパス」を用意してください。

*筆記道具(メモ用紙、鉛筆、消しゴム、定規)を用意してください。

初心者:「読図」を初めてする方、「読図」にあまり自信のない方。

 *「与瀬」地形図の「陣馬山」周辺のコピー(白黒でOK)を準備してください。

 *コピー上で以下の作業をして持参してください。

    ・陣馬山を中心に、800m,700m,600m,500m,400mの各等高線を色分けしてなぞってください。陣馬山とその周辺の山や尾根、谷の形が見えてくると思います。

    ・「ピーク」を探して印をつけてください。「ピーク」とは、等高線が丸く閉じている所です。陣馬山の山頂は、一番分かり易いピークですね。

    ・「コル」を探してください。「コル」(峠、キレット、鞍部などと呼びます)とはピークとピークの間で低くなった場所です。和田峠は一番分かり易いコル(峠)ですね。

    ・すべての「尾根」に線を引いてください。「尾根」は等高線がピークから外側に膨らんでいるラインをたどれば分かります。「尾根」は途中でいくつにも枝分かれしています。

    ・すべての「谷」に線を引いてください。上流に行くにつれ分岐します。

経験者:「読図」に自信のある方。

 *陣馬山から春日神社(陣馬登山口)に下るルートで「読図」をしながら下山するとしたら、“どのポイント”で“地形上のどのような特徴”を注意・指摘するか、考えてください。登山道が無いとしたら、このルートをどのようにたどるのか想像しながら10ポイントくらい書き出してください。

 当日の机上講習は、「講義」は30分程度にして、23人の小グループでのワークショップ形式で進めたいと思っています。そのためには事前準備が不可欠ですのでよろしくご協力ください。事前準備した物を当日持参してください。

以上

4月会山行   丹沢/ミツマタの咲く ミツバ岳 

  

ミツバ岳-世附権現岳-屏風岩山-笹子沢左岸尾根

   担当:竹下

昨年の月曜クラブで実施のミツバ岳、ミツマタの花が見事に満開でした。

今年は3週間ほど開花が遅れているとの情報あり、4月の天候によってどう変わるでしょうか。さて花の見ごろは?

期 日  422日(日) 日帰り *小雨決行

◆集 合  新松田駅発西丹沢自然教室行 810分発に乗車

◆行 程  浅瀬入口0:30)滝壺橋⇒(1:10)⇒ミツバ岳

         (0:50)世附権現岳⇒(0:40)⇒二本杉峠⇒(1:10)

      屏風岩山⇒笹子沢左岸尾根⇒(0:50)669m

         (0:45)⇒中川温泉入口=バス新松田駅

     〈全行程7時間程度〉

  考慮すべきエスケープルート

①世附権現岳→浅瀬入口    〈行動5時間程度〉

②二本杉峠→細川橋      〈行動5時間程度〉

  装 備  雨具等ハイキング装備、コンパス、薮対策

  地形図  山北 中川

3月25日に総会が開催されました。

平成24年3月25日(日)13時より小金井市福祉会館3F生活室で、「北多摩山の会 第47回定期総会」が開催されました。

19名の会員の出席と13名の委任状で総会は成立し、2011年度の各部活動報告・会計報告が承認されるとともに、2012年度の各部活動方針・活動計画や予算が活発に議論され決定いたしました。

*2012年度役員       ・・・「別途掲載」

*2012年度会山行計画  ・・・「別途掲載」

*2012年度机上講習計画 ・・・「別途掲載」

*規約改正  (山行規定 第2項)が以下の通り改定されました。

 

<現行>

山行担当者は所定の書式により計画書を作成し、山行部長等へ事前に提出する。下山報告も必ずすること。

  <修正>   ※以下の文言を追加する。

 山行時は「山行計画書」「遭難対策カード」

 「緊急連絡書」を携行する。

 

 

 

*「会創設50周年」に向けての企画の検討を事務局で開始することが決まりました。

                                                   以上

<岩トレ企画2012>

3月から岩トレを再開します!

「みずから登る人となるために」とのコンセプトのもとに、一昨年から昨年にかけて全12回にわたり岩トレを実施しました。内容は、都連盟が主催する東京登山学校初級岩登りコースの教程を、できるだけ忠実に実地で学ぼうとするものでした。

参加回数が上位の人は、ひと通りのロープワークを身につけてリードクライミングができるようになり、あるいはむつかしいムーブを平然とこなすまでになりました。参加回数の少ない人でも、岩場や悪場への自信を深めたことでしょう。

せっかく学んだ技術も、ふだん磨きをかけておかなければいざという場面で使えません。前回シリーズを引き継いで、今年は具体的に目標を定めてさらに習熟度を高めていくこと、安全安心の山登りのための修練の場、ステップアップの機会としていきたい。

2回開催し、1回は主として土日や休日に日和田山で行いますが、机上や公園などでの実地も交えていきます。もう1回は主として平日を中心に広沢寺などで行います。

当然のことながら、習熟度は参加回数に比例します。山登りの目標を明確に持つことでもそれは違ってくるようです。どんな山あるいはルートにチャレンジするかを定め、一歩一歩、継続して参加することが大事だと思います。

また、クライミング技術は日進月歩です。年々、ギアに工夫が加わり、ロープワークの考え方も国際基準に沿って変更されています。そうした最新の動向も取り入れて、より安全確実な技術を学んでいきたい。

今年もいっしょに勉強していましょう。

【岩トレ予定】

3月23日(金) 広沢寺

3月31日(土) 日和田山

4月13日(金) 広沢寺

  4月29日(日) 日和田山

(山﨑)

より以前の記事一覧